うきは観光みらいづくり公社

宿泊助成

愛日園

定休日不定休

実家の果樹園を引き継ぎ、ブルーベリーや柿の栽培のかたわら、農家民泊「愛日園(あいにちえん)」を始めるまでは、テニスコーチとして大活躍され、テニス界ではその名を轟かせていた足立さん。

現在は、うきは市の宿泊事業をはじめ、「朝倉グリーンツーリズム」事業に参加し、小中高校生の宿泊体験や、農業体験に来られる外国の方を受け入れる「WWOOF JAPAN」のホストファミリーに登録されたりと、国際交流にも積極的に力を入れられています。

宿泊できる古民家は、築100年以上を超える趣きのある造り。
自らレンガを敷き詰めて石窯を作り、敷地内の米蔵を「ピザ蔵」として改装。
そこで焼くアツアツのピザが宿泊される方に大人気のようです。

もちろん農家民泊と言われているだけあって、様々な農業体験ができます。
民泊場所から車で数分の場所、うきは市内を一望できる耳納山麓の中腹には、数百本のブルーベリーが無農薬で栽培されています。
収穫時期の夏の期間中はブルーベリー狩りが体験できる上、少し下れば、これまた広大な柿園があり、秋には柿狩りが。
しかもこの柿園、普通の柿園ではありませんよ!
何と広い敷地を活用してグランドゴルフが楽しめる工夫がされているのです。
側にはコレクションの懐かしい昭和レコードが聴けたり、数百冊の本を自由に読めるよう「BOOK FARM」までもが併設されています。

農園にこんなに遊び心満載な仕掛けがあるなんて。
「まずは自分が楽しむこと。普段の生活では体験できないことが皆さんのいい刺激になれば」。

いつまでも少年のような好奇心と、人間味あふれる優しい心遣いで宿泊客を迎い入れてくれる足立さん。

さあ、農業体験・グランドゴルフ・音楽鑑賞・読書など、思う存分満喫できる農家民泊「愛日園」さんへ♪

うきは 小塩の灯り

openチェックイン 14:00
チェックアウト 10:00

定休日無休

うきはを思い切り楽しむための拠点。
1日1組限定、1棟貸しのコテージ「うきは 小塩の灯り」は平成29年3月に浮羽町の小塩地区に誕生しました。

小塩地区はホタルの里として知られ、様々な生き物がすむ地区として環境省の「重要里地里山」に選定されています。
春は桜や梨の花、夏はホタル、秋は紅葉、冬は地域住民が飾り付けをするイルミネーションと、四季を通して美しい景色をお楽しみいただけます。

昼はドライブや周辺の観光をし、夜は地元の食材で鍋やバーベキューを楽しむ…。貸切のため周りに気兼ねなく過ごすことができます。

最大で10名様までご宿泊いただけます。
うきは市や、小塩地区に隣接する大分県日田市は古くからの木材産地であり、こちらの床材にはヒノキを使用しています。室内は靴下か素足でご利用いただき、木の肌触りや香りをお楽しみください。

その他詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。
「こじおだより」と題した、オーナーによる地域情報満載のブログも読み応えがあります。

うきは酒宿いそのさわ

古き良き時代を彷彿させ、味わい深い看板が出迎えてくれる「うきは酒宿いそのさわ」。
ここは、うきはの豊かな恵水で酒造りを行っている酒蔵「いそのさわ」の敷地内にある、築130年の歴史ある家屋をリノベーションした宿です。

当時は酒蔵の先代や杜氏が住んでいたそうで、現在はその面影と風合いを残しつつ、風情ある設えに改装。一升瓶を使って作ったランプシェードや枡を使った照明が、インテリアとして情景に溶け込み、心と空間を和ませてくれています。

1階は25畳の大広間と食堂スペース。
2階はフローリングの小上がりもある広い寝室。
押し入れなどにも明かりが灯るような仕掛けがあり、そこはまるで秘密基地のよう。1日1組限定のプライベート空間を満喫できます。大人が思わず童心にかえる、遊び心満載な酒宿の魅力はこれだけではありませんよ。

「酒宿」というからには酒蔵を活かした、酒宿にしかできない体験を提供しようと、宿泊客をお酒(酒米)に例え、醸造過程と宿泊をリンクさせた「お酒なりきり擬似体験」が用意されています。チェックイン(精米)からチェックアウト(出荷)まで酒米になりきって過ごす?

それは使わなくなった醸造タンクをシャワー室や水風呂に改良し、酒樽のサウナも楽しめる「酒宿」ならではの過ごし方。詳細は実際に宿泊してからのお楽しみです♪
宿内の水は、仕込み水として使用されている天然水。酒粕石鹸や酒粕化粧水も用意され、サウナ後には自家製の酒粕スムージーで発酵気分を味わえます。なんと!滞在中は「いそのさわ」ブランドの日本酒がフリードリンクに。お好きな温度帯で楽しめるよう熱燗セットもあり、お好みに応じて飲みくらべが可能。しかも宿泊時に渡されるMy枡はお持ち帰りOKなのが嬉しいですね!

日本酒に合う「あて」やうきはのお米・食材を使った朝食を堪能することができ、ご要望があれば元蔵人として経験のあるスタッフが、日本酒の楽しみ方をアテンドしてくれますよ。

詳細・ご予約はホームページ(https://sakayado.jp)をチェック。
体験&宿泊を通じて、日本酒に興味が湧くきっかけづくりにもなる楽しいひと時。
「うきは酒宿いそのさわ」は飲んで、味わって、語らえる場所。
老若男女、飲めない人や子どもだって楽しめるアットホームな酒宿の本当の魅力は、泊まってからのお・た・の・し・み。

 

 

 

泊まれる蕎麦屋「きふね」

open11:00~お蕎麦がなくなり次第終了
夜はご予約ください。

定休日火曜日・第2水曜日
定休日が祭日の場合、営業し代休を取る場合があります。

泊まれる蕎麦屋「きふね」
築150年の歴史ある古民家と現代的デザインがシンクロした施設。
十割そば・BBQ・キャンプご飯・宿泊・キャンプ・カヌー体験・五右衛門風呂・・・
色々とお楽しみ頂けます。
まずは、自慢の十割蕎麦と天ぷらをお試しあれ!
きふねに豊かなココロ、優しいココロ、遊びゴコロを感じに来てください。

清乃屋

open7:30〜23:00

定休日不定休

筑後川温泉の中で一番初めに開湯した歴史ある旅館です。
大浴場は、リニューアルした畳張りの湯と川の流れが眺望できる湯があり、男性湯と女性湯が日替わりで楽しめます。
自慢の源泉かけ流し温泉は立ち寄り入浴も可能です!

トロトロで入っていて、すごく気持ちのいいお湯です。
源泉かけ流しだからこそ、飲泉もできます。

★★露天風呂の家族湯が新しくオープンしました~★★

温泉と料理長こだわりの料理とお部屋がセットになった日帰りプランも人気です。
全15室(和室13・和洋室2)の旅館ですが沖縄出身の美人女将と、明るく楽しいスタッフが皆様をもてなしてくれます。
自然の空気に癒されながら心穏やかなひとときをお過ごしください。

ランチは要予約です。

古民家 注連原〜KOMINKA SHIMEBARU〜

openチェックイン:15:00~17:00
チェックアウト:11:00

築150年の農家の古民家を再生して宿泊施設兼文化財として活用しております。

この村の歴史は800年以上も続いており、
自然と人間が切磋琢磨し生かされてきた土地です。
この村の名前は注連原(しめばる)といい、
その昔この谷を注連縄で飾り付けをしていたと言われております。

土壁や杉茅葺きの屋根、都会の喧騒を離れ、
風が運ぶ季節の香り、鳥や川のせせらぎ

忘れかけていた人間の本能を癒しにいらしてください。

お部屋
杉かやぶき屋根つくりの古民家を一棟貸ししています。
広い土間にキッチンもついており、施設の外ではBBQもお楽しみいただけます。雨の日でも広い土間で焼肉を出来ます。

ゲストの立ち入り範囲
ご到着後、ホストが対応・ご案内いたします。

その他の特記事項
大自然の中ですので、虫が訪れることもあります。
またテレビのご用意はございませんが、都会の喧騒を忘れごゆっくりとおくつろぎください

営業許可番号
旅館業法の許可番号 | 福岡県筑後保健所 | 第4338号

田篭の灯り

森と川に包み込まれた美しい山里、うきは市「田篭」エリアに、「お宿」「グランピング」「屋内キャンプ場」の3つのスタイルから選べる宿泊基地「田篭の灯り」が誕生しました。いずれも1日1組限定1棟貸しですって!ちょっと覗いてみましょう。

まずは大きく深呼吸して、マイナスイオンをたっぷりと。
川のせせらぎ、小鳥のさえずり、香しい木の香りがとても心地良く、宿泊“基地”という表現がぴったりの場所です。

完全プライベート宿として板塀に仕切られた「お宿」は、伝統的な造りの古民家を改装した広い母屋。当時の名残の梁と高い天井はそのままに、上品で和モダンな設えが非日常へといざなってくれます。景色を一望できるデッキでゆったりと過ごすも良し、囲炉裏のある土間でしっぽりと語らうも良し。BBQやテント泊ができる屋外アウトドアスペースが併設されているので、母屋とキャンプを組み合わせたちょっと欲張りな過ごし方だってOK!

この「お宿」に宿泊された方には、川向にあるヤマメ釣堀「せせらぎ」の獲れたてヤマメ2匹をプレゼント!
宿内の設備がしっかり整っているため、3世代でも安心して宿泊できるお宿です。

屋内でキャンプ気分を味わいたい方にはこちら!
屋内キャンプ場(キャンプシアター)では、室内にテントを張ってキャンプを楽しめます。シアターというからにはもちろん壁にスクリーンが常設。プロジェクターを使って大迫力で鑑賞することができます。シャワールーム・トイレ・簡易キッチンも完備されているので、屋内でも快適に滞在できるのがいいですね(現在準備中)。

山里を見渡せる芝生の敷地には、大きなグランピングテントが張られています。中に入ると魅力的な内装が皆さんを出迎えてくれますよ。自然に囲まれた中でのグランピングは、ワクワクドキドキ、楽しさ倍増!ソロ〜お友達〜ファミリーで、上質&優雅なアウトドアをご堪能ください(現在準備中)。

天気が良い日は夜空を埋め尽くす満天の星を望むことができ、一年を通して四季の花々や草木を愛でることができる最幸の山里時間。「田篭の灯り」には山遊びに川遊び、創造力てんこ盛りのアクティビティーがいっぱい!
あなたなら、どの宿泊スタイルで過ごしますか?

筑後川温泉 桑之屋

open7:00~23:00

定休日休館日 年に1~2回

源泉かけ流しの温泉と品数豊富な会席が自慢の宿です!
温泉「シルクの湯」は、ほんのり硫黄の香るアルカリ成分たっぷりのトロトロの湯で、様々な口コミで高い評価を頂いております。料理はその日に仕入れたお魚やその時季の食材を使用しており、地元うきはのブランド豚「みのう豚」を使った会席や「九州産和牛」を使った会席、夏限定「はも会席」、冬限定「とらふぐコース」などのプランもございます。
ぜひ、極上のお湯とおいしい料理をご堪能ください。

​筑後吉井 町家宿 以久波

open8:00~20:00(10:00〜16:00はクローズ)
チェックイン 16:00~20:00 
​チェックアウト 8:00~10:00

定休日年中無休

伝統的建造物群保存地区の一角に吉井町初となるゲストハウス「筑後吉井 町家宿 以久波」はオープンしました。
明治44年(1911年)に建築された100年を超す町屋造の商家住宅です。玄関を入ると昔ながらの土間が台所から裏庭までのびる「通り庭」と呼ばれる空間が続きます。建築当時のままの間取りや床の間、当時を偲ばせる階段や欄間など、長年保存されてきた貴重な吉井の町屋で旅のひと時をお過ごしください。見学のみでも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

【Instagram】guesthouse.ikuha

つるき荘

open8:00〜22:00

定休日不定休

筑後川温泉内にあるリバーサイドつるき荘。
アルカリ性の強い温泉が特徴なので、滑らかな肌触りをお楽しみいただけます。
肌にやさしい温泉で、保湿にも優れている、美肌・美容に最適な『つるきの湯』です。
のんびりとおくつろぎください。

【立ち寄り入浴】
受付時間 10:00~20:00
入浴時間 21:00まで

ニュー筑水荘

openチェックイン 15:00
チェックアウト 10:00

定休日不定休

開業半世紀を迎えるレトロな館ですが、豊富で良質な源泉と、料理長自慢の創作懐石料理をお楽しみいただくアットホームな宿を心掛けています。
「なりは古いが中身の満足」をテーマに、湯・食・人、全てにおいて温もりを感じていただくことを目指しています。
のんびり過ごしたい皆さまはもちろん、お仕事、観光でもご活用くださいませ。
ご家族やグループでご一緒にわいわい過ごせる14畳の広いお部屋もご用意できます。
お仲間での宴会・同窓会・家族会などのご利用は、お気軽にご相談ください。

日帰り温泉
10:00~22:00(最終受付21:00)

ビジネスホテル おがわ

open【温泉・宿泊】チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00
【整体】7:30~18:00(火・水は予約制)

定休日【温泉・宿泊】年中無休
【整体】月曜日

家庭的で心やすらぐ静かなホテル。急なお泊まりも可能です。
素泊まりのみですが持ち込み自由、出前も取れます。長期滞在の方、ご予算に応じます。
整体治療院を併設しており、ご宿泊のお客様にもご利用いただいております。

※当日受付も可能ですが、事前にお電話でご予約頂けると大変助かります。
厚生労働大臣免許(あん摩マッサージ指圧師)取得

全室Wi-Fi・バス・トイレ・テレビ・冷蔵庫・冷暖房完備。
温泉の泉質はアルカリ性単純温泉。家族風呂としても利用できます。

宿泊料(1部屋):シングル¥4,000(税別)~ ツイン¥7,500(税別)
部屋:7部屋(シングル 5部屋、ツイン 2部屋)

ふくせんか

open9:00〜21:00

定休日水曜日(不定休)

ミルキーな源泉かけ流しのお湯で24時間入浴できる大浴場のほか、檜、石、岩、すべり台とバリエーション豊富な貸切風呂が自慢の旅館です。
河畔にたたずみ、どこか懐かしい香りに包まれるお宿で、小型犬や大型犬、猫とも宿泊できるお部屋やペット専用風呂、ドッグランも併設しています。
手作りのもてなしで日々の喧騒を忘れ、緩やかに流れるひとときをお過ごしください。

【立ち寄り入浴】
受付時間 13:00~21:00
入浴時間 22:00まで

【Facebook】ふくせんか
【Instagram】ふくせんか

Hostel & Cafe Farolito(ファロリート)

openCafe: 12:00~22:00
Hostel: check-in 16:00~22:00
Check-out 11:00まで

定休日月曜日

可愛くてステキな名前ですね!
こちらは、海外の国々を探訪し、スペインのお宿で働いていたこともある、気の合うお二人がはじめたカフェバー併設のゲストハウス。
店名にもなっている「Farolito(ファロリート)」という言葉は、スペイン語で小さな灯火、灯台という意味があるそうです。
『うきは市・吉井町の新たなシンボルになろう!という想いを込めてこの名前にしました』と話すのは、店主の八代さんと谷川さん。美味しい手作り料理やスイーツの提供、そして笑顔のおもてなしは、海外を巡って多くのことを吸収・体験してきたお二人だからこそできること。

1階は、宿泊されていない一般の方でもランチ・カフェ・ディナーが楽しめ、2階がゲストハウスに。
このゲストハウスにはキッチンが併設されているので自炊もOK。
広々とした和モダンなお部屋になっていて、個室が2部屋、ドミトリールームに5ベッド。
あまりの居心地の良さで、遠方から訪れるお客さまだけでなく、地元うきは市民の方々も多く利用・宿泊されているようですよ。

店主のお二人に思わず「Gracias(グラシアス)」。
ありがとうと笑みが自然にこぼれる新たなスポット。またひとつ発見です。

ホテル花景色

open8:00~23:00

定休日年中無休

筑後川温泉は1955年(昭和30年)に筑後川沿いに開湯し、福岡県唯一の国民保養温泉地として1968年(昭和43年)に国から認定されました。
2007年(平成19年)に新たな泉源を掘削したところ、ラドン、ラジウムを含むアルカリ性の気泡硫黄温泉が湧出。新しいお湯は「100%源泉かけ流し」でとろみがあり、ツルツル、ぬるぬる感は日本でも有数の泉質だと言われています。ゆったりとお湯に浸かり、悠々と流れる九州で一番大きな筑後川を眺めお料理を味わう、そんな一日を過ごしてみませんか?

ほめ家

ここは温泉民泊「ほめ家」。
「筑後川吉井温泉」の地下温泉脈をひく、源泉掛け流しのお湯を堪能できる民泊です。
こんこんと湧き出る「ナトリウム炭酸水素塩」の泉質は、ほのかな硫黄の匂い漂う柔らかな感触。
宿泊客のためにわざわざ広々とした温泉大浴場を作られた岡本ご夫妻に感服です!

客室は1階に2部屋、2階に3部屋。
その日の夕食と翌日の朝食は、自家の畑で採れるお野菜を使って作る、お母さん手作りのお食事がテーブルを彩ります。

しかもBBQ設備やピザ用の石窯まで整っているので、お友達・ご家族連れで存分に楽しめますよ。
広〜い敷地内に設置されたテラスからは、耳納連山が一望でき、そのロケーションにほっこりします。

ご夫婦の優しい気遣いが随所に見られるうちの一つに、「バリアフリー」があげられます。車椅子の方でも安心して出入りすることができるよう、入り口にはスロープが設置されています。
さらにこちらは、「朝倉グリーンツーリズム」事業の一環として、小中高校生の宿泊体験学習にも積極的に参加されている民泊の一つで、自然に囲まれたのどかな環境を活用し、様々な体験を通じて子どもたちの健康な心と体を育む活動を行っています。
「いいところを見つけて沢山褒めてあげることが大切。宿泊体験を通じ、大人の私たちだって、子どもたちから学ぶことが沢山ありますしね!民泊をはじめて本当に良かった!」
そう話す岡本さんのキラキラ輝く笑顔がとっても印象的。

「ほっと一息つけるそんな場所でありたい。」

「たまには、ほっと一息つきに利用していただければ嬉しいですね。そしてご宿泊期間中には、お客様の気づかなかった長所を見つけて存分に褒めてあげたいです!だって褒め屋ですもの。 笑」

ご夫婦の優しい人柄にどんどん吸い込まれていくほのぼの民泊「ほめ家」。
あなたはくつろぐために訪れますか?それとも褒めてもらうために訪れますか?
もちろんどちらも大歓迎だそうですよ♪

【ご宿泊について】
●1名様 8,000円(1泊2食温泉付)
●2名様よりOK・5名様以上は応相談 ※完全予約制(1週間以上前から受付/紹介制)
●チェックイン15:00 / チェックアウト10:00
●歯ブラシ・ドライヤー・無料Wi-Fi・会議室(4〜5名様)有り
●タオル・寝間着はご持参ください。
●BBQセット利用料(薪・トング貸し出し等)2,000円 ※食材は持ち込み
●ピザ用石窯の利用料は数量に応じます。ご相談ください。
●最寄りの駅やバス停からの送迎も応相談
●ご希望の方は周辺をご案内します。

※日帰り利用ご希望の方はお問い合わせください

みなも

open9:00〜18:30

いにしえの時代の残り香を感じる、「筑後吉井重要伝統的建造物群保存地区」。
この地に佇む、築100有余年の古民家「碓井邸」「堀江邸」が、趣向の異なる2棟5室の「分散型古民家宿 みなも」として息を吹き返しました。
耳納連山の水脈と筑後川の豊富な「水」に支えられて発展してきたうきは市。
宿の「みなも」という名前には、こうした背景が汲みとられ、「水に支えられたうきはの営みがゆるやかに、そして波紋のように大きく広がり、未来へ紡がれていきますように」という願いが込められているそう。
宿内に足を踏み入れると、一瞬にして別格の時間が流れはじめる。窓から優しく差し込む日差し、庭の木々、小鳥のさえずり。すべてが心地良い。懐かしみと新しさが交錯する、不思議な感覚。可能な限り可逆性を意識して手を加え、見事なまでに過去と現代が融合した和モダンな設えです。
フロントと4つの異なる意匠の客室がある「碓井邸」は、菜種油と櫨蝋を生業としていた当時の大地主・碓井邸宅を、現代の職人の技術で丁寧に改修。うきは市内において100年前から「鼠漆喰」が施された唯一の木造建築とあって、周囲の白壁とは違うねずみ色の壁が、重厚感を醸し出しています。
「堀江邸」は、明治期に診療所を営んでいた家族の旧邸宅を活かした1棟貸しの客室。そばには江戸時代に築かれたとされる人工の川が流れ、侘び寂びを感じる空間がとても印象的です。
家具や建具の風合いが活かされ、各客室に設けられた「識」、「空間」、「音」、「水」、「せせらぎの別邸」のテーマにそって過ごすことができるのもまた一興。
例えば、「水」に浸るお部屋「碓井邸104」。
専用の「露天風呂」と「サウナ」が付いたお部屋になっています。坪庭を眺めながら、こんこんと湧き出る掛け流しの地下水で「整う」ことが出来るなんて、まさに身も心も解きほぐされる至福のひととき。
それぞれの客室には、うきはの湧水が専用ボトルで用意されています。在来茶や麺など「うきはの水」にまつわる産品も添えられており、お持ち帰りもOK。心づかいが嬉しいですね。
そうそう、「みなも」に宿泊される際は「朝食付きプラン」がオススメですよ。丁寧な手仕事で供される「とっておきの朝食」は、地産地消・旬産旬消のもと、食材の宝庫「うきは」の恵みを存分に味わえる献立になっています。
宿周辺には、暮らしの営みや息吹きを感じられる、うきはでしかできない「こと」や「もの」が沢山。
滞在をきっかけに、もっとうきはを知りたくなる。
「みなも」はそんなステキなお宿です。

民泊なかがわ

open10時00分~17時00分

定休日基本無休となっておりますが、ご予約時にお問い合わせください

『静寂な空気をまとい、目覚める朝の心地良さを。』

築 100 有余年の古民家のしつらえは昔と変わらずそのままに、現代のライフスタイルに合わせてリノベーション。
泊まりやすさと快適さを兼ね備えた、1日 1 組限定の一軒貸しスタイルでお迎えいたします。
小鳥のさえずり、草木の香り、そして四季折々の彩りを愛でながら、静謐な空間でゆっくりとプライベートな時間をお過ごしください。
オプションでテントサウナも体験できます。汗をかいた後は気持ちの良い井戸水を浴びお庭でお寛ぎください。

This is a traditional Japanese-style house which has a quaint atmosphere. It was built more than 100 years ago. We renovated the house to suit a modern lifestyle. We only take one reservation per day, so that you can stay comfortably without being bothered by anyone.

Please enjoy the bird song, and the scent of the seasonal plants that grow nearby. We hope you enjoy your stay at our peaceful and quiet home.

トップへ