うきは観光みらいづくり公社

うきは市について

アクセス

お問い合わせ

みらいづくり公社facebook

うきは通信

うきはのフルーツ品種一覧

そうだ!今すぐ旅に出よう!(オンライン日本一周ツアー)vol.1

2020/10/21

こんにちは。

■フルーツ🍇推進プランナー■
福岡県うきは市 地域おこし協力隊 Nao(矢野尚美)です。

本日は、うきはより、
フルーツに負けない魅力をお届けしたいと思います🎵

うきは発!日本一周旅行!なんと無料!

たったの2日間で、
日本一周できたらどうでしょう???

 

何が何だか分からないと思いますが、
いきなりうきぴーからの告知です、笑

もう参加者受付中だってよ( ^ω^ )
申込みページ▼▼▼
https://resast.jp/events/489805

 

無料で日本一周できるってどういう事???
今回は、無料で日本一周の旅について、
全3回でお話したいと思います。

 

あなたは「日本一周」と聞くと、どんな事を思い浮かべますか?

私は…
ヒッチハイクや、自転車の旅、
もしくは、車中泊にて各地を巡る、という

昔やりたかった、若者旅行しか浮かびません…笑
(もっともっと、各地を巡りたかった〜!!!)

・青春18切符で巡った、列車の旅…
目が覚めたら、雪国…なんて事もありました!

・眠くても頑張って運転し続けた、
車での「東京 ⇆ 福岡」間の旅、とか。

(ちょうど全国各地のETC導入期
どこまで行っても1000円!! の言葉に惹かれて、
山梨⇆福岡、東京⇆福岡など、何往復もしたり…)

でもその中でも覚えているのは、
やっぱり、各地の風景。。。

・波打つ、まるで海!の、琵琶湖の偉大さに感動したり、
・雪国の、当たり前の風景=「雪下ろし」に衝撃を受けたり…
・地平線に沈む夕陽に感激して涙したり…

その風景にプラスして、
その土地で出会った人たちの笑顔を
今でも、自然と思い浮かべる時があります。

 

さらに、実はこっそりと抱いていた夢があるんです。

「人と街が繋がる旅、47都道府県を巡る日本一周旅行をしてみたい」

 

パティシエをしていた24歳の時に、
世界中を見てみたい!と、仕事を辞めて、

「地球一周の船旅=ピースボート」に乗船し、

地球をぐるりとひと回りをした経験が、
今もずっと心に残っています。

(「地球一周したパティシエ」です、笑)

ナミブ砂漠で組体操をしたりとか…笑

 

その船旅をした事で、いろんな人と出会い、
それまでの常識が、くつがえされました。

 

その時、実感した事…

それは…

 

 

常識って思ってることって、実は常識じゃない

って言う事。

ご飯はお箸じゃなく、手で食べる国。
トイレに行くのに、お金を払わないといけない国。
日本人=アニメだと思われている事実。
歩いているだけで、子ども達がお金をもらいに来る国。
道路の真ん中で車が止まるのが当たり前の国。
などなど…

常識って何だろう???

現在、
福岡県うきは市 地域おこし協力隊 として
活動する中で、
コロナという見えないものが発生し、

色んな常識が変化しております…
(イベントも中止ばかり)

 

今までの「当たり前」は通用しない。

 

そんな中で、
うきは市 地域おこし協力隊として、
〜そうだ!みんなでチャレンジしよう〜
って一致した事の一つが…
「オンライン」企画。

 

まず出た案は…

「陶器市をオンラインで開催できないかな!?」

と、第一案を出したのは、
移住定住促進プランナー:

杠 (ゆずりは)昌道さん

陶器が好きで、
お隣の小石原焼が陶器市をオンラインに切り替えたり、
というのをしっかりとチェックしていたようです( ^ω^ )

 

 

うきは市が誇る伝統工芸「一の瀬焼」

伝統を残しつつ,

さまざまな釉を用いた多様な作品が魅力で、

毎年春と秋に「一の瀬陶器まつり」を開催し、

例年新作を含む約2万点が展示・販売 されているんだそうです!!!

 

なんと!!!
36年前から毎年、連続で開催されてるんだってよ…‼︎
僕…その時、何歳だろう???笑
生まれてない(´・ω・`)

 

 

それが、このコロナ禍においては,
2020春の陶器まつりが中止になってしまったとの事。

 

例年通りの開催が難しく、
秋もどうなる事かと、難しい状況でした。

 

 

「それならば、オンラインに切り替える事はできないかな???
よし!窯元に相談して、みんなで一緒に挑戦してみようよ!」

 

と、

 

実は…

 

初めは軽い気持ちだったのですが…

 

当たり前の事ですが、

ただただ、

陶器市をオンラインで開催すればいい、
という訳ではありません。

 

 

 

移住者である私たち=地域おこし協力隊にとっては、

ここからが全てが勉強となる、

始まりでした…。

 

Part-2へ続く

トップへ