うきは観光みらいづくり公社

電子感謝券 対応店舗

電子感謝券

【電子感謝券とは】

電子感謝券とは、発行地域限定で使える電子化された感謝券のことです。 うきは市が発行する電子感謝券では、市が定めた加盟店での買い物や飲食等に利用することが可能です。

【電子感謝券のお申し込みについて】

電子感謝券は「ふるさとチョイス」にて「ふるさと納税」でご寄附頂いた方に発行しております。

以下よりご寄附・お申し込み頂けます。

電子感謝券

【アプリのダウンロード】

電子感謝券のご利用には、[ふるさとチョイス電子感謝券アプリ]が必要です。

お持ちのスマートフォンまたはタブレットに電子感謝券アプリをインストールしてください。

電子感謝券

iOSの方はコチラからダウンロード

Androidの方はコチラからダウンロード

【現地で使う】

店頭のレジにて「支払いに電子感謝券を利用する」旨をお伝えください。

[使用手順]

[1]ふるさとチョイスの会員情報で電子感謝券アプリにログインします。

[2]アプリにて「QRコード読取」を押します。

[3]店頭に掲示されているQRコードを読み取ります。

[4]利用する感謝券ポイントを入力し「利用する」を押します。

[5]入力内容を確認し赤いボタンをスライドさせます。

[6]チェックマークを確認し完了画面をお店の人に見せます。

【Q&A】

Q. 電子感謝券は寄附申込と同時に発行されますか?
A. 決済完了後、即時発行されます。ただし、電子感謝券の決済方法はクレジットカード決済のみとなります。

Q. 電子感謝券は現金で購入できますか?
A. 電子感謝券は現金などでご購入いただけません。お礼の品としての提供になるため、ふるさとチョイスよりうきは市への寄附の手続き・決済を行ってください。

Q. 買い物途中で、残高不足になってしまった場合はどうすればよいですか?
A. 不足分は再度うきは市へふるさと納税の寄附手続きを行い、電子感謝券を取得していただくか、不足分を現金その他の支払い方法で直接お支払いください。

Q. 電子感謝券は換金できますか?
A. 換金はできません。

Q. 使用しない場合、他の人へ譲ってもいいでしょうか?
A. 電子感謝券の譲渡は禁止されています。

index厳選焼肉コース

馬庵このみ

open11:30~22:00(L.O.21:30)/ランチ 11:30~15:00

close火曜日

※緊急事態宣言発令の為、~9月12日の期間営業時間 11:30~15:00
お酒の提供は一切致しません。

自家牧場にて約2年の歳月をかけて飼育した自社ブランド馬肉「このみ桜」を筆頭に、九州の銘牛を味わえる専門店として名高い「馬庵このみ」。
地元の知名度もさることながら、馬肉の評判は全国各地に広がりを見せています。
お店には連日この味を求めて、県内外のファンが来店される人気ぶり。

さすが、自社ブランド馬肉を提供している直営店ということもあり、
美しい霜降りに、とろけるような食感の「特上霜降り馬刺し」や、赤みが程よいバランスの「霜降り馬刺し」、そしてあっさりとしたうま味の「赤身上馬刺し」など、ここでしか味わえない至極の逸品が勢ぞろい。
もちろん、ステーキ、焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶ、一品料理など、豊富なメニューで楽しませてくれます。

馬肉のほか、提供される牛肉は「博多和牛」を中心に、「壱岐牛・天草黒毛・佐賀牛・伊万里牛・鹿児島黒毛」を、
豚肉は福岡県久山町の雄大な自然の中で育った甘みのある「やよい豚」だそう。
どれも店主自ら食肉市場へ出向き、しっかりとした目利きで直接買い付けるこだわり。
美味しさのツボを知り尽くしたプロが選ぶ肉とあって、その味はお墨付きですね!

気になる料金も手ごろに設定されているので、安心して来店できます。
お昼は極上丼や定食などランチメニューが登場。
3名様以上の予約で、「このみ桜」をさまざまな食べ方で味わい尽くせる馬肉のフルコースも堪能できます。
他店とは一線を画す、まさに馬肉三昧!

店内はカウンター、掘りごたつ、お座敷のある趣きのある落ち着いたしつらえ。
お一人様から団体様まで、シーンを問わず利用できますよ。

 

UKIHA-_74A9769

Hostel & Cafe Farolito(ファロリート)

openCafe: 11:00~22:00
Hostel: check-in 16:00~22:00
Check-out 11:00まで

close月曜日

※緊急事態宣言発令の為、9/12(日)まで以下の通り営業時間の変更あり。
営業時間 : 12:00〜18:00 (終日アルコールの提供は行っておりません。)
【テイクアウトについて】 18:00迄にご予約していただければ、お受け取りは20:00迄対応可能。

可愛くてステキな名前ですね!
こちらは、海外の国々を探訪し、スペインのお宿で働いていたこともある、気の合うお二人がはじめたカフェバー併設のゲストハウス。
店名にもなっている「Farolito(ファロリート)」という言葉は、スペイン語で小さな灯火、灯台という意味があるそうです。
『うきは市・吉井町の新たなシンボルになろう!という想いを込めてこの名前にしました』と話すのは、店主の八代さんと谷川さん。美味しい手作り料理やスイーツの提供、そして笑顔のおもてなしは、海外を巡って多くのことを吸収・体験してきたお二人だからこそできること。

1階は、宿泊されていない一般の方でもランチ・カフェ・ディナーが楽しめ、2階がゲストハウスに。
このゲストハウスにはキッチンが併設されているので自炊もOK。
広々とした和モダンなお部屋になっていて、個室が2部屋、ドミトリールームに5ベッド。
あまりの居心地の良さで、遠方から訪れるお客さまだけでなく、地元うきは市民の方々も多く利用・宿泊されているようですよ。

店主のお二人に思わず「Gracias(グラシアス)」。
ありがとうと笑みが自然にこぼれる新たなスポット。またひとつ発見です。

index_T5A2716

まごころ工房 棕櫚の郷

open9時00分~16時00分

close日曜日・祝日

じつは明治時代から棕櫚(しゅろ)ほうきの生産が行われていたうきは市。
「まごころ工房棕櫚の郷」さんは、市内で唯一、昔と変わらない手作りの製法で生産販売をされています。

棕櫚皮の選別、取り付け、毛梳き、切り揃え、乾燥、埃落とし、洗浄、特殊作業、毛焼きといった数多くの作業工程を踏み、なんと1本のほうきが完成するまでに約1ヶ月。
こうして手間を惜しまずに作られたほうきは、毛も柔らかく、棕櫚の皮の繊維が埃をしっかりキャッチしてくれる上、水洗いも可能。
しかも天然油を含んでいるので畳や床がワックス効果でツヤツヤに!

現代の日常生活では、つい便利さや電化製品に頼りがちですが、棕櫚で作られたほうきは、まさに自然の恵みと人の知恵が織りなす大切な道具として永く受け継がれています。
昔ながらの技と知恵がいきづく、うきはの誇れる伝統文化ですね。

「一人でも多くの方々に棕櫚ほうきの素晴らしさを知っていただき、永く愛用してほしい。」
1本のほうきに想いを馳せ、職人木下さんのまごころと共に、今日も日本全国に「棕櫚ほうき」は出荷されています。

※ 棕櫚ほうき販売について
事務所横 展示所での販売も行っております。
「まごころ工房 棕櫚の郷」HPでもご注文可能です。
在庫につきましては、事前にお問い合わせいただいてからのご来店の方がスムーズです。
電話番号は基本情報をご参照ください。
※12時〜13時は昼休憩の為、電話対応が出来かねます。予めご了承ください。

トップへ