うきは観光みらいづくり公社

スイーツ一覧

cocokara1

炒飯酒家Cocokara

open11:30~14:30
17:30~20:00

close火曜日
(2020/11/1より月曜定休)

炒飯鍋振り30年の店主佐藤さんと奥さんの二人三脚で店を切り盛りしている「炒飯酒家ココカラ」。
技術・火力・素材・味付けに至るまで、中華に込める想いは半端がなく、美味し〜い炒飯をメインに一品中華料理や各種麺類を提供してくれています。

こだわりのポイントは
・炒飯の炒め油は、うきはの耳納赤豚の背脂を煮出したオリジナルラードを使用
・圧力鍋でふっくら炊き上げたご飯は、うきは産の無農薬で育てたお米を使用
・醤油は杉樽でじっくり熟成された久留米産天然本醸造醤油を使用
など、九州産の食材や調味料に重きを置いていること。

体に優しいうきはの中華料理屋さんというだけあって、
フジテレビニュースに紹介された「薬膳餡かけチャーハン」は人気&高リピート!
鶏ガラスープをベースにした餡に、喉を潤し、抵抗力をアップさせ、滋養に良いと言われている食材(蓮の実・百合根・葛粉・クコの実など)を加え、さらに山椒・豆板醤・豆鼓・ニンニク生姜などでスパイシーに味付け。
しかも使用する炒飯のご飯は、ビタミン豊富な十六穀米。
健康に気をつかっている方はもちろん、老若男女問わず支持されている薬膳メニューは、このご時世にぴったりな気がします。

麻婆豆腐・春巻き・焼き餃子・海老のチリソース・油淋鶏など、注文時に伝えれば好きなメニューを詰めてくれる「中華鉢盛」も絶賛好評承り中!
ここなら思う存分中華を楽しめますね。

★テイクアウトメニューあり
※テイクアウトメニューについての詳細はお店にご確認ください

 

 

 

UKIHA-_74A9769

Hostel & Cafe Farolito(ファロリート)

openCafe: 11:00~22:00
Hostel: check-in 16:00~22:00
Check-out 11:00まで

close月曜日

可愛くてステキな名前ですね!
こちらは、海外の国々を探訪し、スペインのお宿で働いていたこともある、気の合うお二人がはじめたカフェバー併設のゲストハウス。
店名にもなっている「Farolito(ファロリート)」という言葉は、スペイン語で小さな灯火、灯台という意味があるそうです。
『うきは市・吉井町の新たなシンボルになろう!という想いを込めてこの名前にしました』と話すのは、店主の八代さんと谷川さん。美味しい手作り料理やスイーツの提供、そして笑顔のおもてなしは、海外を巡って多くのことを吸収・体験してきたお二人だからこそできること。

1階は、宿泊されていない一般の方でもランチ・カフェ・ディナーが楽しめ、2階がゲストハウスに。
このゲストハウスにはキッチンが併設されているので自炊もOK。
広々とした和モダンなお部屋になっていて、個室が2部屋、ドミトリールームに5ベッド。
あまりの居心地の良さで、遠方から訪れるお客さまだけでなく、地元うきは市民の方々も多く利用・宿泊されているようですよ。

店主のお二人に思わず「Gracias(グラシアス)」。
ありがとうと笑みが自然にこぼれる新たなスポット。またひとつ発見です。

トップへ