うきは観光みらいづくり公社

町宿一覧

index_MG_9726

愛日園

open

close不定休

実家の果樹園を引き継ぎ、ブルーベリーや柿の栽培のかたわら、農家民泊「愛日園(あいにちえん)」を始めるまでは、テニスコーチとして大活躍され、テニス界ではその名を轟かせていた足立さん。

現在は、うきは市の宿泊事業をはじめ、「朝倉グリーンツーリズム」事業に参加し、小中高校生の宿泊体験や、農業体験に来られる外国の方を受け入れる「WWOOF JAPAN」のホストファミリーに登録されたりと、国際交流にも積極的に力を入れられています。

宿泊できる古民家は、築100年以上を超える趣きのある造り。
自らレンガを敷き詰めて石窯を作り、敷地内の米蔵を「ピザ蔵」として改装。
そこで焼くアツアツのピザが宿泊される方に大人気のようです。

もちろん農家民泊と言われているだけあって、様々な農業体験ができます。
民泊場所から車で数分の場所、うきは市内を一望できる耳納山麓の中腹には、数百本のブルーベリーが無農薬で栽培されています。
収穫時期の夏の期間中はブルーベリー狩りが体験できる上、少し下れば、これまた広大な柿園があり、秋には柿狩りが。
しかもこの柿園、普通の柿園ではありませんよ!
何と広い敷地を活用してグランドゴルフが楽しめる工夫がされているのです。
側にはコレクションの懐かしい昭和レコードが聴けたり、数百冊の本を自由に読めるよう「BOOK FARM」までもが併設されています。

農園にこんなに遊び心満載な仕掛けがあるなんて。
「まずは自分が楽しむこと。普段の生活では体験できないことが皆さんのいい刺激になれば」。

いつまでも少年のような好奇心と、人間味あふれる優しい心遣いで宿泊客を迎い入れてくれる足立さん。

さあ、農業体験・グランドゴルフ・音楽鑑賞・読書など、思う存分満喫できる農家民泊「愛日園」さんへ♪

UKIHA-_74A9769

Hostel & Cafe Farolito(ファロリート)

openCafe: 12:00~22:00
Hostel: check-in 16:00~22:00
Check-out 11:00まで

close月曜日

可愛くてステキな名前ですね!
こちらは、海外の国々を探訪し、スペインのお宿で働いていたこともある、気の合うお二人がはじめたカフェバー併設のゲストハウス。
店名にもなっている「Farolito(ファロリート)」という言葉は、スペイン語で小さな灯火、灯台という意味があるそうです。
『うきは市・吉井町の新たなシンボルになろう!という想いを込めてこの名前にしました』と話すのは、店主の八代さんと谷川さん。美味しい手作り料理やスイーツの提供、そして笑顔のおもてなしは、海外を巡って多くのことを吸収・体験してきたお二人だからこそできること。

1階は、宿泊されていない一般の方でもランチ・カフェ・ディナーが楽しめ、2階がゲストハウスに。
このゲストハウスにはキッチンが併設されているので自炊もOK。
広々とした和モダンなお部屋になっていて、個室が2部屋、ドミトリールームに5ベッド。
あまりの居心地の良さで、遠方から訪れるお客さまだけでなく、地元うきは市民の方々も多く利用・宿泊されているようですよ。

店主のお二人に思わず「Gracias(グラシアス)」。
ありがとうと笑みが自然にこぼれる新たなスポット。またひとつ発見です。

index_MG_9287

ほめ家

open

close

ここは温泉民泊「ほめ家」。
「筑後川吉井温泉」の地下温泉脈をひく、源泉掛け流しのお湯を堪能できる民泊です。
こんこんと湧き出る「ナトリウム炭酸水素塩」の泉質は、ほのかな硫黄の匂い漂う柔らかな感触。
宿泊客のためにわざわざ広々とした温泉大浴場を作られた岡本ご夫妻に感服です!

客室は1階に2部屋、2階に3部屋。
その日の夕食と翌日の朝食は、自家の畑で採れるお野菜を使って作る、お母さん手作りのお食事がテーブルを彩ります。

しかもBBQ設備やピザ用の石窯まで整っているので、お友達・ご家族連れで存分に楽しめますよ。
広〜い敷地内に設置されたテラスからは、耳納連山が一望でき、そのロケーションにほっこりします。

ご夫婦の優しい気遣いが随所に見られるうちの一つに、「バリアフリー」があげられます。車椅子の方でも安心して出入りすることができるよう、入り口にはスロープが設置されています。
さらにこちらは、「朝倉グリーンツーリズム」事業の一環として、小中高校生の宿泊体験学習にも積極的に参加されている民泊の一つで、自然に囲まれたのどかな環境を活用し、様々な体験を通じて子どもたちの健康な心と体を育む活動を行っています。
「いいところを見つけて沢山褒めてあげることが大切。宿泊体験を通じ、大人の私たちだって、子どもたちから学ぶことが沢山ありますしね!民泊をはじめて本当に良かった!」
そう話す岡本さんのキラキラ輝く笑顔がとっても印象的。

「ほっと一息つけるそんな場所でありたい。」

「たまには、ほっと一息つきに利用していただければ嬉しいですね。そしてご宿泊期間中には、お客様の気づかなかった長所を見つけて存分に褒めてあげたいです!だって褒め屋ですもの。 笑」

ご夫婦の優しい人柄にどんどん吸い込まれていくほのぼの民泊「ほめ家」。
あなたはくつろぐために訪れますか?それとも褒めてもらうために訪れますか?
もちろんどちらも大歓迎だそうですよ♪

【ご宿泊について】
●1名様 8,000円(1泊2食温泉付)
●2名様よりOK・5名様以上は応相談 ※完全予約制(1週間以上前から受付/紹介制)
●チェックイン15:00 / チェックアウト10:00
●歯ブラシ・ドライヤー・無料Wi-Fi・会議室(4〜5名様)有り
●タオル・寝間着はご持参ください。
●BBQセット利用料(薪・トング貸し出し等)2,000円 ※食材は持ち込み
●ピザ用石窯の利用料は数量に応じます。ご相談ください。
●最寄りの駅やバス停からの送迎も応相談
●ご希望の方は周辺をご案内します。

※日帰り利用ご希望の方はお問い合わせください

index_T5A3688

瞑想できる民泊 いる宿 Kuti(クティ)

openチェックインタイム:15時~22時
​チェックアウトタイム:午前10時まで
消灯時間:23時

close

瞑想できる民泊「いる宿Kuti」は、うきは市吉井町の白壁通りを一歩入り、歩いて約5分のところにあります。
中に入ると「あらまっ!」
ダイニング・和室・応接室なんかもあって、民家感が半端ない!!
居心地が良すぎです。
これが民泊ならではの魅力なんですね。

ドミトリー(相部屋/女性限定)に2段ベッドが3台あり、キッチン・お風呂・洗面所・トイレは共有になっています。
※1ベッド2,500円(宿泊税別)/1部屋貸し10,000円(人数分宿泊税)

瞑想できる宿と謳っているだけに、朝と夜、30分間の瞑想時間(自由参加)が設けられていますが、
強制ではないので、瞑想はせずに宿泊だけという方もOK。

じつは6年前、精神的につらい時期に座禅瞑想と出会ったという宿主さん。
人の目を気にし過ぎたり、◯◯すべきという思いにとらわれ過ぎていた時に、この座禅瞑想をすることでゆっくりと心が変化していき、だんだんと生きることが楽になって、新しいことをはじめたいと思えるようになったそう。
このような経緯もあってか、女性がほっとくつろげる場所を作りたいと一念発起し、瞑想できる民泊をうきは市で始めました。豊かな自然に囲まれ、白壁の情緒溢れる街並みが残る吉井町が、自分にとって民泊をする場所にはぴったりだ!と。

社会の「こうあるべき」概念に縛られず、
今を大切に、自分を大切にするという生き方「マインドフルネス」を体感できる「いる宿Kuti」。
静かに座り、呼吸を整えながら瞑想することもいろんな意味で必要かもしれませんね。

宿主催の農業体験や手仕事のワークショップも開催されています。
さらに宿周辺には素敵なカフェやショップがたくさんあります。
うきはの自然や景観、もの・こと・人に触れながら、心穏やかでゆる〜い時間を過ごすひととき。
「いる宿Kuti」さんがそっとお手伝いしてくれますよ。

トップへ