うきは観光みらいづくり公社

うきは市について

アクセス

お問い合わせ

みらいづくり公社facebook

森林セラピー

森林セラピーとは

森に入ると気持ちが良くなりリフレッシュできることは、「森林浴」という言葉で語られてきました。しかし、森林浴には具体的に何をして、どのような効果があるのか、明確な定義があるわけではありませんでした。そこで、生理的な評価手法として脳機能、神経機能、免疫機能、ストレス関連物質などに着目した研究が行われ、森林浴の生理的効果が解明されました。その結果をもとに、全国各地の森を活用して、心と体の健康づくりや疾病予防をする取り組みとして生まれたのが「森林セラピー」です。

森林セラピーの効果

森林に入り、木々が発散しているフィトンチッド※1を含む香りを吸収することで、リラックスしていることの指標となる副交感神経が優位になり、血圧や脈拍が低下するほか、ストレスを感じた時に副腎皮質から分泌される「コルチゾール」の濃度(唾液中のストレスホルモン)が下がることがわかっています。また、フィトンチッドの吸収と森林浴によるリラックス効果により、ナチュラルキラー(NK)細胞※2が活性化され、がんやウイルス等に対する抵抗力が増すといわれています。

※1 フィトンチッド:樹木などが発散する化学物質の総称で、フィトンは「植物」、チッドは「他の生物を殺す能力を有している」ことを意味する。植物は根を張ると、虫が来て葉をかじられても逃げることができない。そこで、害虫が嫌う物質を出して自らの身を守っている。この物質が、人間の身体には良い効果をもたらす。

※2 ナチュラルキラー細胞(NK細胞):がん細胞やウイルス感染細胞等を見つけ攻撃するリンパ球。血液中に存在するリンパ球の10〜30%を占める。生まれながらに備わっている身体の防衛機構である自然免疫に重要な役割を担うと考えられている。

うきは市の森林セラピー

うきは市は、平成20年(2008)4月に市内の森林が持つリラックス効果が実証され、北部九州で初めて森林セラピー基地として認定されました。市内には、石積みされた棚田の景観が美しい「つづら棚田の散歩道ロード」と、水辺の空気が心地よい「巨瀬の源流ロード」の二つの認定セラピーロードがあります。
森林セラピーのガイドの会として「うきは市癒しの旅先案内人協会」が活動しており、年間通して企画運営やロードの整備を行っています。訪れる方々に癒しの時間と非日常の空間を満喫していただけるよう、日々活動しております。

森林セラピーを体験するには

協会やうきは市で企画する催しについては、こちらのサイトに随時掲載するほか、Facebookやinstagramでもご確認いただけます。
また、個別の案内も承っております。みなさまのご予定に合わせたプランを提案いたします。ご希望の場合は、1週間前までに予約をお願いしています。ご相談だけでもお気軽に下記お問合せ先までご連絡ください。

【料金】
○企画イベントの場合:イベント毎に料金を設定しています。
○個別案内の場合:お客様5名につきガイド1名が付きます。ガイド1名につき5,000円頂戴します。

 

=== 企画イベント・個別案内共通 ===

【服装】
長袖、長ズボン、履き慣れた靴、帽子

 

【持ちもの】
飲み物、タオル、雨具、昼食(弁当を注文しない場合)

 

【お申込期日】
1週間前までにお電話にてお申込みください。
キャンセルされる場合は、実施3日前の17時までに必ずご連絡ください。
(お弁当を予約された場合でご連絡が遅れた場合、キャンセル料1,000円を申し受けます)

 

【お申込・お問合せ先】
うきは市癒しの旅先案内人協会
TEL:080-2714-6065

2018年度に、同協会創立10周年を記念して、うきは市森林セラピーを紹介する動画を
作成しました。視聴するだけでも癒される映像になっております。ぜひご覧ください。

うきは市森林セラピームービー「ショート版」

うきは市森林セラピームービー「ロング版」

認定セラピーロードのマップ

巨瀬の源流散歩道マップ(調音の滝公園)

つづら棚田の散歩道マップ

準備と注意点

トップへ