OFFICIAL SNS

  1. ホーム
  2. たべる
  3. TAKE OUT
  4. ぱんのもっか
  • TAKE OUT
  • かう
  • カフェ
  • 白壁通り
  • イートイン
  • パン
  • ぱんのもっか
  • 女子旅
  • うきは市

ワクワクが止まらない! あれもこれも食べたくなる、目移り必至の人気店「ぱんのもっか」

パンに魅せられたお客さんが入れ替わり立ち替わり訪れる、ここは幸せのパン時間が流れる「ぱんのもっか」。
開店から閉店まで客足が途絶えることがない、うきはで指折りの人気店だ。

目にも楽しいパンが並ぶ店内は楽しさに満ちている。店に入った瞬間のワクワク感がたまらない♪

パンを焼くいい香りが広がる店内には食パン、ライ麦、ハード、菓子パン、惣菜パン、うきはの季節のフルーツを使ったデニッシュなどが賑やかに並んでいる。

店奥に目を向けると、店主・吉岡さんをはじめ、数名のスタッフがせっせとパンを作っている姿が見え、そのライブ感も楽しい♪

「ぱんのもっか」では、小さなお子様からご年配の方まで安心して召し上がってほしいと、添加物を極力使用せず、必要ないものは施さないそう。
北海道や福岡、佐賀の国産小麦粉を使用するほか、うきは「ゆむたファーム」の卵、さらには野菜やフルーツもできるだけ地場のものを使用しているという。

小麦粉とシンプルな食材で、さまざまな形、味が生み出されるパンの世界。
どれも噛みしめるごとに小麦の香りが膨らみ、その美味しさに引き込まれていくよう。

真ん中のパンは店主のふるさと、高知県のご当地パン「ぼうしぱん」。「懐かしい〜、まさかうきはでぼうしぱんに出会えるなんて」と同郷の方からのお声も多いそう
「重岡豆腐の豆乳食パン」はうきは産の大豆を使用した豆乳で作られ、卵・乳は不使用
砂糖、卵、乳不使用「全粒粉のハードトースト」。粉の風味をダイレクトに味わえる

この味にたどり着くまでの吉岡さんのパン人生とは。

若かりし頃、某大手食品会社の飲食部門に配属され、そこで初めてパン作りを学び、魅力に開眼。
その後、さらに学びを深めるため、地元高知県のパン屋で約10年経験を積む。

スタッフから慕われている店主の吉岡さん。撮影のリクエストにも快く応じてくれた

そんな中、心が突き動かされた出来事が。
閉店後に大量に売れ残ったパンを廃棄する際、高校生のアルバイトが「こんなことをするためにここに来たんじゃない。私にはできません」と涙を流したそう。確かにそうだな……、と思いつつも、会社という組織にいた吉岡さんは、どうすることもできず、そのもどかしさが“独立”という新たなスタートを踏み出させたというわけだ。

スタッフの行き届いた気配りも嬉しい。それはパンの味にも現れている

その後、福岡県うきは市で独立した店のスタイルは“無くなり次第終了”。吉岡さんらしい、まやかしのない誠実なパン作りだ。
その味はお客さんが列をなして並んでいる姿が物語っている。

「何年経っても変わらない素朴なパンを長〜く作っていきたいですね。そしてパンを通じて、うきはで思い出に残る心地よい接客や空間もご提供できれば」と。

お店の入り口、白壁通り沿いに掲げてある「パン焼けてます」の小さな看板が開店の目印。
ワクワクしながらあれこれ迷うのも楽しいひと時。
トレーとトングを持ち、あなたならどのパンをチョイスしますか? 

購入したパンはテラス席で味わえる。うきはの「高山珈琲」にお願いして焙煎してもらった「もっか」オリジナルブレンドコーヒー(おかわりOK)と一緒にどうぞ

ぱんのもっか

うきは市吉井町1127-5

https://www.instagram.com/pannomocca/

TEL0943-75-3303

営業時間 9:00~18:00(パンがなくなり次第終了)
定休日 月曜・木曜

  • 駐車場:有
  • クレジットカード:不可
  • 電子マネー:不可

※掲載内容は公開時の情報です。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

近くのおすすめスポット