OFFICIAL SNS

  1. ホーム
  2. たべる
  3. SWEETS
  4. ひた屋福富
  • SWEETS
  • TAKE OUT
  • かう
  • うきは市
  • 和菓子
  • お土産
  • 白壁通り
  • 葛ようかん
  • ひた屋福富
  • チョイスPay対応店舗

これはクセになる! ぷるんっともっちり♪ 本葛とこしあんの二層が美しい「葛ようかん」

「ひた屋福富」には「丸ぼうろ」「毛槍(けやり)」をはじめ、小豆をじっくり練り上げて作った最中「筑後早乙女」など、50年以上に渡ってロングセラーを誇る和菓子がある。

なかでも情報誌で取り上げられたという「葛ようかん」は、全国各地からお取り寄せ注文が多く、今やこの店の看板商品。朝倉産秋月本葛と自家製餡の小豆こしあんを、二層に流し合わせた目見麗しいフォルムが特徴。

舌触りが滑らかで跳ねるような弾力。しかも甘さ控えめに作られた上質なこしあんが、口の中でスーッと消えていく後口の良さ。その優しい味わいに心がほどけていくよう♪

“真心のこもったお菓子づくり、心に残るおいしいお菓子を”

明治22年に大分県日田市で創業。
2代目が昭和22年にうきは市吉井町に「かすてらの日田屋」として店を開き、その後「和菓子処ひた屋福富」と改名。現在4代目が中心となり、味が引き継がれている。

味に一番敏感なのはお客様ということで、使用する材料は一切妥協しない。食べてくださるお客様を思い浮かべながら真心を込めて作る、これが「ひた屋福富」の和菓子作りの原点だ。

店奥の小さな工場には、長年使用し続けている年期の入った練り機が現役で動いている。一般的に餡は製餡業者から加工品を仕入れて使う場合が多いと聞くが、ここでは和菓子の命ともいえる「あんこ」を一から作っている。
渋きり、水さらし等あく抜きを念入りに行い、炊き上げ後は香りを損なわないよう、手早く練り上げて完成させるそう。

「手間が掛かろうとも納得のいくものを自ら作る。それでこそ良いものが出来る」と後藤さんは言う。

現在、和菓子職人の道を歩みはじめた5代目(息子さん)も加わり、次の世代へとバトンが繋がった老舗和菓子店。
世代を超えて受け継がれる味と想いは、今日も客人の心を魅了してやまない。

ひた屋福富

うきは市吉井町1127−3

http://www.hitaya-fukutomi.com/

TEL0943-75-2465

営業時間 9:00~18:00 (茶房は10:00~17:00)
定休日 水曜、第2・4火曜

  • 駐車場:有
  • クレジットカード:可
  • 電子マネー:可(PayPay・LINE Pay・Airペイ・うきはPay)

※掲載内容は公開時の情報です。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

近くのおすすめスポット