うきは観光みらいづくり公社

うきは市について

アクセス

お問い合わせ

みらいづくり公社facebook

遊ぶ

屋部地蔵公園

定休日無休

屋部地蔵公園は、地蔵を始め、観音像、羅漢像、河童像などの石像が並んでいる約5,000坪の公園です。園内に整備された遊歩道をゆっくりと散策しながら、石像ひとつひとつのユニークな表情を楽しんでください。また、梅の名所としても知られ、見頃の3月になると約300本の白梅が園内を彩ります。

窯元陶秀苑(一の瀬焼)

open9:00〜18:00

定休日不定休

素朴な風情の中に現代的なセンスを秘めた、優雅で精緻な作風で人気。

薪窯で一度素焼きし、その上に灰釉、鉄釉、鋼釉など釉薬をかけて本焼きする二度窯の技法で、奥行きの深い味わいを出している。

[陶芸体験メニュー]
受入人数:1〜30人
金額及び内容:
【手びねり】3,000円(菓子鉢やコーヒーカップが1つできます)
【絵付け】1,000円〜(湯のみ 1,000円)
時間:30分〜1時間
受付締切:
【3人以上】体験希望日の3日前
【1〜2人】当日

田中窯元(一の瀬焼)

open9:00〜18:00

定休日不定休

伝統と現代感覚の調和をテーマに、人の心に深く響く民陶づくりを探求。

昔ながらの薪窯焼成や自家調合の釉薬といったこだわりの技術で、高い芸術性を備えた珠玉作品を作り上げている。

[陶芸体験メニュー]
受入人数:1〜10人
金額及び内容:2,000円
時間:1時間
受付締切:体験希望日の10日前(要確認)

成樹園

open9:00~日没まで

定休日開園期間中無休

柿(太秋・松本早生・富有)10月中旬~12月上旬。
入園無料で持ち帰り料は従量制。車椅子対応・トイレ有り。平坦地の柿農園です。

丸田窯(一の瀬焼)

open9:00〜18:00

定休日不定休

受け継がれる古陶の系譜 『一の瀬焼 丸田窯』

『一の瀬焼 丸田窯』は、うきは市浮羽町朝田にある窯元です。

一の瀬焼の起源は400年前に遡り、秀吉が朝鮮出兵の際に連れ帰った陶工らによって開かれたと言われています。近世では、久留米有馬藩の御用窯として栄えました。

丸田窯では、釉薬の代わりに塩を使う世界的にも珍しい『塩釉』の技法を受け継ぐほか、金属を塗って高温焼成する焼きしめの技法などに取り組み、作陶を続けています。

[陶芸体験メニュー]

受入人数:5〜50人

金額及び内容:
【ろくろ】1人3,000円(湯のみやご飯茶碗が1つできます)
【手びねり】1人2,500〜3,000円(マグカップや丼茶碗が1つできます)
【絵つけ】1人1,000円〜2,000円(湯のみ1,000円、マグカップ2,000円等)

時間:
【ろくろ】1人15分〜20分×体験人数分
【手びねり】1時間〜1時間半
【絵つけ】30分〜40分

受付締切:体験希望日の1週間前(要予約)

瀧内巨峰園

open9:00~17:00

定休日開園期間中無休(要問合せ)

ぶどう(巨峰)8月上旬~9月中旬
梨(幸水・豊水・二十世紀・秋月・新高・新興)8月上旬~10月中旬

入園無料で持ち帰り料は従量制です。
「道の駅うきは」から車で5分。
国道210号線沿いに直売店があります。

丹精込めて作った巨峰と梨狩りが楽しめる農園。
巨峰の他、梨の品種が6種類あり季節によって色んな味が楽しめます。また、暑い日には園主イチ押しのラムネも人気。
園内には園主手作りの看板があり、記念撮影などにも人気です。
ひろーい農園の中で収穫を楽しみながらお過ごしください。(大型バス・団体可、トイレ有)

永松窯(一の瀬焼)

open9:00〜18:00

定休日不定休

朝鮮李朝の流れをくむ作品の数々は、素朴な中にも、詫び寂び(わびさび)の美学が結集した名陶として知られている。

灰釉、鉄釉、銅釉、辰砂釉、ソバ釉など、多彩な釉薬を用いた精巧で優雅な優しさに定評がある。

[陶芸体験メニュー]

受入人数:1〜20人
金額及び内容:手びねり3,000円 (どんぶり茶碗やコーヒーカップが一つできます)
時間:1時間
受付締切:体験希望日の1週間前

春光園

open9:00~17:00

定休日開園期間中無休

いちご(あまおう、恋みのり、かおりの、紅ほっぺ、あきひめ)1月中旬~5月上旬。
ぶどう(巨峰・ピオーネ・ゴルビー・黄玉・安芸クイーン・シャインマスカット)
7月中旬~9月中旬。
梨(幸水・豊水・菊水・秋月・新高・新興・あたご)7月中旬~10月下旬。
柿(松本早生・富有)10月下旬~11月上旬。

※いちご狩りの体験場所は福岡県うきは市浮羽町山北783-172です。

やまんどん

open10:00~17:00

定休日不定休

“やまんどん” は浮羽町山の堂の地名が浮羽弁で訛ったもので、この浮羽町山の堂は約80年前(大正10年頃)より果樹栽培が始まった「浮羽町果樹発祥の地」です。
一年中いつ来ても「旬」のやまんどんのフルーツ狩り。うきはの肥沃な土地で育った旬のフルーツをもぎたてでいただけます。

<フルーツ狩り>
いちご(さちのか、さがほのか、紅ほっぺ、恋みのり、淡雪)1月上旬〜5月上旬
ブルーベリー 7月中旬
ぶどう(巨峰等)8月上旬~9月
梨(豊水、新興、新高、愛宕)8月初旬~11月
柿(富有)11月上旬~12月中旬

トップへ