うきは観光みらいづくり公社

泊まる

ホテル花景色

open8:00~23:00

定休日年中無休

筑後川温泉は1955年(昭和30年)に筑後川沿いに開湯し、福岡県唯一の国民保養温泉地として1968年(昭和43年)に国から認定されました。
2007年(平成19年)に新たな泉源を掘削したところ、ラドン、ラジウムを含むアルカリ性の気泡硫黄温泉が湧出。新しいお湯は「100%源泉かけ流し」でとろみがあり、ツルツル、ぬるぬる感は日本でも有数の泉質だと言われています。ゆったりとお湯に浸かり、悠々と流れる九州で一番大きな筑後川を眺めお料理を味わう、そんな一日を過ごしてみませんか?

ほめ家

ここは温泉民泊「ほめ家」。
「筑後川吉井温泉」の地下温泉脈をひく、源泉掛け流しのお湯を堪能できる民泊です。
こんこんと湧き出る「ナトリウム炭酸水素塩」の泉質は、ほのかな硫黄の匂い漂う柔らかな感触。
宿泊客のためにわざわざ広々とした温泉大浴場を作られた岡本ご夫妻に感服です!

客室は1階に2部屋、2階に3部屋。
その日の夕食と翌日の朝食は、自家の畑で採れるお野菜を使って作る、お母さん手作りのお食事がテーブルを彩ります。

しかもBBQ設備やピザ用の石窯まで整っているので、お友達・ご家族連れで存分に楽しめますよ。
広〜い敷地内に設置されたテラスからは、耳納連山が一望でき、そのロケーションにほっこりします。

ご夫婦の優しい気遣いが随所に見られるうちの一つに、「バリアフリー」があげられます。車椅子の方でも安心して出入りすることができるよう、入り口にはスロープが設置されています。
さらにこちらは、「朝倉グリーンツーリズム」事業の一環として、小中高校生の宿泊体験学習にも積極的に参加されている民泊の一つで、自然に囲まれたのどかな環境を活用し、様々な体験を通じて子どもたちの健康な心と体を育む活動を行っています。
「いいところを見つけて沢山褒めてあげることが大切。宿泊体験を通じ、大人の私たちだって、子どもたちから学ぶことが沢山ありますしね!民泊をはじめて本当に良かった!」
そう話す岡本さんのキラキラ輝く笑顔がとっても印象的。

「ほっと一息つけるそんな場所でありたい。」

「たまには、ほっと一息つきに利用していただければ嬉しいですね。そしてご宿泊期間中には、お客様の気づかなかった長所を見つけて存分に褒めてあげたいです!だって褒め屋ですもの。 笑」

ご夫婦の優しい人柄にどんどん吸い込まれていくほのぼの民泊「ほめ家」。
あなたはくつろぐために訪れますか?それとも褒めてもらうために訪れますか?
もちろんどちらも大歓迎だそうですよ♪

【ご宿泊について】
●1名様 8,000円(1泊2食温泉付)
●2名様よりOK・5名様以上は応相談 ※完全予約制(1週間以上前から受付/紹介制)
●チェックイン15:00 / チェックアウト10:00
●歯ブラシ・ドライヤー・無料Wi-Fi・会議室(4〜5名様)有り
●タオル・寝間着はご持参ください。
●BBQセット利用料(薪・トング貸し出し等)2,000円 ※食材は持ち込み
●ピザ用石窯の利用料は数量に応じます。ご相談ください。
●最寄りの駅やバス停からの送迎も応相談
●ご希望の方は周辺をご案内します。

※日帰り利用ご希望の方はお問い合わせください

民泊なかがわ

open10時00分~17時00分

定休日基本無休となっておりますが、ご予約時にお問い合わせください

『静寂な空気をまとい、目覚める朝の心地良さを。』

築 100 有余年の古民家のしつらえは昔と変わらずそのままに、現代のライフスタイルに合わせてリノベーション。
泊まりやすさと快適さを兼ね備えた、1日 1 組限定の一軒貸しスタイルでお迎えいたします。
小鳥のさえずり、草木の香り、そして四季折々の彩りを愛でながら、静謐な空間でゆっくりとプライベートな時間をお過ごしください。
オプションでテントサウナも体験できます。汗をかいた後は気持ちの良い井戸水を浴びお庭でお寛ぎください。

This is a traditional Japanese-style house which has a quaint atmosphere. It was built more than 100 years ago. We renovated the house to suit a modern lifestyle. We only take one reservation per day, so that you can stay comfortably without being bothered by anyone.

Please enjoy the bird song, and the scent of the seasonal plants that grow nearby. We hope you enjoy your stay at our peaceful and quiet home.

瞑想できる民泊 いる宿 Kuti(クティ)

openチェックインタイム:15時~22時
​チェックアウトタイム:午前10時まで
消灯時間:23時

瞑想できる民泊「いる宿Kuti」は、うきは市吉井町の白壁通りを一歩入り、歩いて約5分のところにあります。
中に入ると「あらまっ!」
ダイニング・和室・応接室なんかもあって、民家感が半端ない!!
居心地が良すぎです。
これが民泊ならではの魅力なんですね。

ドミトリー(相部屋/女性限定)に2段ベッドが3台あり、キッチン・お風呂・洗面所・トイレは共有になっています。
※1ベッド2,500円(宿泊税別)/1部屋貸し10,000円(人数分宿泊税)

瞑想できる宿と謳っているだけに、朝と夜、30分間の瞑想時間(自由参加)が設けられていますが、
強制ではないので、瞑想はせずに宿泊だけという方もOK。

じつは6年前、精神的につらい時期に座禅瞑想と出会ったという宿主さん。
人の目を気にし過ぎたり、◯◯すべきという思いにとらわれ過ぎていた時に、この座禅瞑想をすることでゆっくりと心が変化していき、だんだんと生きることが楽になって、新しいことをはじめたいと思えるようになったそう。
このような経緯もあってか、女性がほっとくつろげる場所を作りたいと一念発起し、瞑想できる民泊をうきは市で始めました。豊かな自然に囲まれ、白壁の情緒溢れる街並みが残る吉井町が、自分にとって民泊をする場所にはぴったりだ!と。

社会の「こうあるべき」概念に縛られず、
今を大切に、自分を大切にするという生き方「マインドフルネス」を体感できる「いる宿Kuti」。
静かに座り、呼吸を整えながら瞑想することもいろんな意味で必要かもしれませんね。

宿主催の農業体験や手仕事のワークショップも開催されています。
さらに宿周辺には素敵なカフェやショップがたくさんあります。
うきはの自然や景観、もの・こと・人に触れながら、心穏やかでゆる〜い時間を過ごすひととき。
「いる宿Kuti」さんがそっとお手伝いしてくれますよ。

トップへ