うきは観光みらいづくり公社

泊まる

民泊なかがわ

open10時00分~17時00分

定休日基本無休となっておりますが、ご予約時にお問い合わせください

『静寂な空気をまとい、目覚める朝の心地良さを。』

築 100 有余年の古民家のしつらえは昔と変わらずそのままに、現代のライフスタイルに合わせてリノベーション。
泊まりやすさと快適さを兼ね備えた、1日 1 組限定の一軒貸しスタイルでお迎えいたします。
小鳥のさえずり、草木の香り、そして四季折々の彩りを愛でながら、静謐な空間でゆっくりとプライベートな時間をお過ごしください。

This is a traditional Japanese-style house which has a quaint atmosphere. It was built more than 100 years ago. We renovated the house to suit a modern lifestyle. We only take one reservation per day, so that you can stay comfortably without being bothered by anyone.

Please enjoy the bird song, and the scent of the seasonal plants that grow nearby. We hope you enjoy your stay at our peaceful and quiet home.

瞑想できる民泊 いる宿 Kuti

openチェックインタイム:15時~22時
​チェックアウトタイム:午前10時まで
消灯時間:23時

瞑想できる民泊「いる宿Kuti」は、うきは市吉井町の白壁通りを一歩入り、歩いて約5分のところにあります。
中に入ると「あらまっ!」
ダイニング・和室・応接室なんかもあって、民家感が半端ない!!
居心地が良すぎです。
これが民泊ならではの魅力なんですね。

ドミトリー(相部屋/女性限定)に2段ベッドが3台あり、キッチン・お風呂・洗面所・トイレは共有になっています。
※1ベッド2,500円(宿泊税別)/1部屋貸し10,000円(人数分宿泊税)

瞑想できる宿と謳っているだけに、朝と夜、30分間の瞑想時間(自由参加)が設けられていますが、
強制ではないので、瞑想はせずに宿泊だけという方もOK。

じつは6年前、精神的につらい時期に座禅瞑想と出会ったという宿主さん。
人の目を気にし過ぎたり、◯◯すべきという思いにとらわれ過ぎていた時に、この座禅瞑想をすることでゆっくりと心が変化していき、だんだんと生きることが楽になって、新しいことをはじめたいと思えるようになったそう。
このような経緯もあってか、女性がほっとくつろげる場所を作りたいと一念発起し、瞑想できる民泊をうきは市で始めました。豊かな自然に囲まれ、白壁の情緒溢れる街並みが残る吉井町が、自分にとって民泊をする場所にはぴったりだ!と。

社会の「こうあるべき」概念に縛られず、
今を大切に、自分を大切にするという生き方「マインドフルネス」を体感できる「いる宿Kuti」。
静かに座り、呼吸を整えながら瞑想することもいろんな意味で必要かもしれませんね。

宿主催の農業体験や手仕事のワークショップも開催されています。
さらに宿周辺には素敵なカフェやショップがたくさんあります。
うきはの自然や景観、もの・こと・人に触れながら、心穏やかでゆる〜い時間を過ごすひととき。
「いる宿Kuti」さんがそっとお手伝いしてくれますよ。

トップへ